未経験ライターがフリーランスやってみた

94年生まれのfemale. ライターとして稼いで生活しています。

フリーランスのデメリット:自分で行動しないと稼げない

仕事した

納品数:①1記事

文字数:4902文字

所要時間:約3時間

報酬:3,921円(時給換算約1,307円)

納品数:②1記事

文字数:5018文字

所要時間:約3時間

報酬:4,014円(時給換算約1,338円)

 

デメリット

以前にもこんな記事書いてますが・・・

halhalhal.hatenadiary.jp

halhalhal.hatenadiary.jp

今日はデメリットについて。

メリットは「好きな時間に仕事」出来る。その反面、やらなきゃ稼げない、というのがデメリット。そんなの当たり前って思うでしょ?当たり前、そうなんだけどこれが難しい。会社に雇って貰えれば出社時間も勤務時間も決まってて、仮に手が止まっていても時給や月給が発生したりしていて給料はもらえるんだよね。今は広告収入があるわけでもないし、記事のインセンティブ契約もしてないからただ納品した記事の報酬しか入らない。

好きな時に仕事出来るのが良いとこだから趣味の時間も取りたいし家事も念入りにしたいしペットとも遊びたい。でもこれに重点おいてしまうと一般的な労働時間の1日8時間仕事することが難しくなるんだよね。体調悪くて全然仕事出来ないときでも出社すればもらえてた給料がもらえなくなる。仕事出来ないから給料が0になる。1日2、3時間働くのが普通の生活になってくるととてもじゃないけどお金が足りなくなるんだよね。

8時間働いて、趣味は出来る?家事は?それじゃ会社員と変わらなくない?って思いもあるけどもうほんとに生活しんどいから趣味も家事も一回忘れよう……。

 

国民保険料高すぎる問題

フリーランスになってから国保になったんだけど、ほんと保険料高いよねwwwwいやもうまじむり。(笑)毎月2万5千円ぐらい保険料だけで払わなきゃいけないなんて生活キツすぎる。フリーランスになってから先が怖いからなるべくお金使わないようにしてたの、服も靴も買わず、自分の欲しいもの買わず、美容院もマツエクも諦めて、日用品のグレード下げて、遊びの誘いも断って。こんだけしても税金や毎月の出費が嵩んで足りないんだよね。月1万5千円の食費として貰えてたのが1万円になって、それもなくなって、唯一の楽しみが食べることだったけど、もう食欲もなくてずっと1日1食の生活してる(お盆の休みは食べてたけど)

フリーランスで生きていくって決めたんならもっと本気で取り組まなきゃだめだったね。仕事(というかお金)のこと考えすぎて1日中食いしばってるから頭痛が酷い。今からフリーランスやろうって思ってる人は、当面の生活費確保した方が良いです。